Bounder Holdings.Inc のオフショア開発は、日本人担当者と海外現地開発エンジニアの強力な連携により、オフショアを意識しない 日本国内での開発と変わらない感覚で、低コストなシステム開発を実現することができます。大手企業様など、高品質を求める案件でも安心してお任せいただけます。

オフショア開発を行う目的として、以下の点が挙げられます。

・コストの削減
・能力のある技術者の確保
・マーケットの拡大
・短期間に大量のリソースの確保

日本語によるコミュニケーション

プロジェクトのフェーズによっては、前述の日本人ブリッジSEを通さずに直接開発チームとコミュニケーションをとったほうが効率的な場合もあります。

その場合は、開発チームの担当者と直接やりとりができる体制も整えています。

開発チーム担当者の多くは、日本での就業経験がありますおで日本語でのコミュニケーションができます。
そのため異言語による認識の齟齬など起きにくく、スムーズなコミュニケーションを取ることが可能です。

しかも、プロジェクトの時間が短く、途中で仕様に変更が入る案件が多いものです。長い付き合いであれば、細かく説明しなくても暗黙の了解ということもありますが、オフショア開発を始める段階では、仕様書に書ききれないことや仕様変更の 背景を十分説明して、開発者に理解してもらうことが必要です。

そういった面でも、開発チームとの日本語でのコミュニケーションの重要度は高いと考えています。

得意分野
業務系ソフトウェア開発(Webシステム開発含む)
Webサイト、ECサイト、iOS(iPhone)、Android(アンドロイド)、アプリ作成
各種オープンソースの活用により単能機・低コストでの開発も可能

PHP(ネィティブ、 Laravel、Cakephp、Codeigniter、Symfony)、Ruby、Node.js、Python、などのbackend と react.js、vue.jsなどのfrontend開発に十分な知識と経験を持っています。
Laravel、CakephpなどのPHPフレームワークとオープンソース(EC-CUBE、WooCommerace、Magento、Prestashop、Opencart、Shopifyなど)にECサイトを新規、改変も多種多様に受け持ちます。

また各種VPS、Unix、CentOS、Awsなど十分なサーバーの知識と管理経験を持っています。